mixture-art@Q
技術+アイディア+世俗+なんとなく思ったこと、すべての融合がmixture-art
MIDI信号をBluetoothでサクッと飛ばす。使い道はご想像のとおりに – Quicco Sound / mi.1

今回は単純に友人のやってるプロダクトを紹介したい。
Quicco Soundのmi.1
現在クラウドファンディングサービスのIndiegogoでキャンペーン開催中だ。

Quicco Soundのウェブサイト
http://www.quicco.co.jp

Indiegogoキャンペーンへのリンク
https://www.indiegogo.com/projects/mi-1-wireless-midi-interface-connecting-digital-piano-and-ios-device/x/2221954#home

こちらはIndiegogoキャンペーン用のビデオ。けっこーよくできてる。

藤本健さんのDTMステーションでも記事に取り上げられているらしいのでそのリンクも貼っとこう。
http://www.dtmstation.com/archives/51896666.html

まず「ナニモノか」というのを簡単に説明すると一言で言えば『MIDIケーブルの置き換えを無線でサクッとできる機器』だ。

既存のMIDIポートにそのままさせば、それだけでBLE = “Bluetooth Low Energy”を使ったMIDI信号の双方向通信が可能だ。電池不要な設計になっているのでとりあえず深く考えずにポートに挿せば良し。とてもお手軽。
(BLEのハナシはこちら “BLE(Bluetooth Low Energy)とは?について真面目に書く”)

iOSデバイスとも連携していてiPadアプリで演奏したデータをシンセサイザーで鳴らしたり、MIDIコントローラからiPadアプリをコントロールしたり、まぁあとはご想像のとおりに、だ。

Indiegogoとかこういうクラウドファンディングってワクワクしちゃいますな。なんか生々しさっていうか。
例えば以下のような生々しい試作の様子とかなんか『メーカーズ』って感じで良いなぁ。ちなみに一番左の初期のやつはCEOの友人(ソフト屋)が自ら半田ごてを握ってシコシコ組み立てたというもの。いやぁマルチですな。笑

値段も$35で1個、$79で2個とTシャツのセットとかその程度。
楽器に関心のある人はとりあえず買っとけばいいんじゃない?