mixture-art@Q
技術+アイディア+世俗+なんとなく思ったこと、すべての融合がmixture-art
Macが謎の再起動を繰り返す → 解決法 (ソフトウェアアップデートに関連)

先日からMacが謎の強制再起動を繰り返し、原因を探ってきた。
結論が得られたので以下に書き記す。      
同じような問題に悩まされている誰かの少しでも助けになれば幸いだ。

最初に簡潔に結論、
ソフトウェアアップデート関係のファイルを消すと
不具合が解消される

以下に詳細。


<症状>

普段通りにMacを使っていると突如暗転、続いてグレーのスクリーンになり
「強制的に再起動します。何かキーを押して下さい」となる。

傾向としてSafariを使っている時に発生していたので
Safariを全く使わないようにしていたらある程度軽減された

が、あるとき、
起動させたまま放っておいただけで発生した。

<一見別件に思えた別の現象>

それとは別にソフトウェアアップデートが発生していた。
Mac OSX10.8.3から10.8.4へのアップデートである。

App Storeからダウンロードし『アップデート』を実行し再起動したものも、一向に更新されない。
App Storeを起動すると再び10.8.4へのアップデートが要求されるのだ。


<ソフトウェアアップデートの件を解決してみたら>

ソフトウェアアップデート関連のファイルは

/Library/Updates/

以下にある。

ここにおそらく数字7桁くらいで構成されたフォルダ名があり、
その下にアップデートファイルの実体があるはずだ。

それらを消す。

(注)間違って消すとアップデート自体が機能しなくなるので注意

今回の場合は “OSXUpd10.8.4Patch.pkg” と “OSXUpd10.8.4.pkg”

ここへアクセスするには『ターミナル』を使えば楽だ、

cd /Library/Updates
sudo mv ファイル名 移動先

という感じでバックアップを取れば良い。

あるいはファインダーの『移動』から『フォルダへ移動』で
『/Library/Updates』と入力することでも所定のディレクトリに移動できる。
ファインダーを使う場合はコピーとかうんぬんする際に管理者権限が要求されるのでパスワードを入れる。

これを終えて再起動する。

App Storeを起動し再度10.8.4のダウンロードからやり直す。

インストールを完了し、再起動。

これで問題は解決。

アップデートも平穏無事に完了し、謎の再起動も発生しなくなった。めでたしめでたし。


Tags: