mixture-art@Q
技術+アイディア+世俗+なんとなく思ったこと、すべての融合がmixture-art
Categories: No Football No Life, 組織論単独行 | 成功体験に頼る、その末路 はコメントを受け付けていません。

珍しく時節ネタを。 サッカーワールドカップ2010 南アフリカ大会 決勝トーナメント1回戦 日本 0 – 0 パラグアイ (PK: 3 – 5) には失望させられた。 結果が出なかった事ではなく「 […]

Categories: 化けの河(毒), 組織論単独行 | 『持論』で『墓穴』を掘る はコメントを受け付けていません。

民主党総裁選挙終了時の菅直人を見て 笑顔を見せたらお前の寿命は短いぞ、と思ったがやはりニヤけていた。 そりゃ嬉しいだろう。タナボタとはいえ60歳を越えてようやくたどり着いた総理の座。 でもそれを見せる輩にリーダーの資質は […]

Categories: No Football No Life, 組織論単独行 | オールラウンドプレイヤーの往く道 はコメントを受け付けていません。

「小器用な人は得をする」 一般論である。 「キーパー以外はすべてこなせる」 その選手の運動能力の高さや柔軟性、戦術理解度の高さなどの証明である。 プレイヤーのモチベーションについて両極な例を2つ扱ってみよう。  ・選手と […]

元々読書好きな方なのですがどうもパラで読むクセがあります。 ある時期同時に読んでいた本が「孫子」、「管子」、あとダニエルゴールマンの「EQ」の続編、の3冊。 そこで気がついたんですが、本を読む行為というのは分類するとざっ […]

Categories: 組織論単独行 | 面白い規範 はコメントを受け付けていません。

あるアメリカの研究機関でユニークな規範があるらしい。 ま、ちょっとルールの領域だけど 「誰かが創造的な発言をした際、次の発言者は必ず肯定的なコメントをすること。  否定的な発言は二人目以降から認める」 ってのがあるそうだ […]

Categories: 組織論単独行 | ビジョンとモチベーション(ダメな組織用) はコメントを受け付けていません。

「ビジョン」と「モチベーション」 それは個人や組織を動かすために欠かすことができないもの。 ただ個人の場合にはビジョンさえ用意すれば割と安易に動かすことができるが 組織の場合、得てしてビジョンは「机上の空論」になりかねな […]