mixture-art@Q
技術+アイディア+世俗+なんとなく思ったこと、すべての融合がmixture-art
最近期待の無線通信技術のネタ 〜 無線充電、Amazon無線、無電源無線 〜

最近気になっている無線技術を挙げてみたい。
すべてとあるブログからの引用だ。


真のワイヤレス充電はコレだ! “Cota”

http://ぎーくふぃーど.com/?p=81

『非接触充電』とは違う本当の意味での『リモート充電』
充電器と携帯が数m離れていても充電可能だという。

免許不要の2.4GHz帯を使っているというのもポイントで
送信電力はわずか1W???
どのような仕組みなのか非常に気になるところ。

言うまでもなく2.4GHz帯はWiFi等の電波でにぎわっていて、
その中でどのように整合性を保っていくのかなども今後に期待。

ビジョンは大きく「どこでも充電」を可能にすることだと言う。
インフラとして彼らの技術を至る所で導入し、
ユーザーはシームレスにいつでもどこでも『勝手に充電ができている』

というのだから夢のある話だ。


Amazonが独自の無線ネットワークを実験?

http://ぎーくふぃーど.com/?p=59

Amazonがタブレット事業への展開に続き、携帯通信網を乗っ取ろうと企んでいる。
という噂話。しかし興味深い。

戦略としてAmazonは当然モバイル通信機能付きのKindleを出したいわけで
それにはきっと既存の通信会社との交渉はめんどいことになってるに違いない。

だったら、自分でやっちゃわね?しかも画期的なやつをさ。

という発想が素晴らしい。

衛星通信に使用されているスペクトラム拡散技術の一種を応用するとかなんとか、
詳細は明らかではないがひょっとしたら今後の通信業界に一石を投じるネタになりそうな気がする。


バッテリー不要の無線ユニット

http://ぎーくふぃーど.com/?p=18

「電波のリサイクル」という秀逸なコンセプト。

現存する電波を吸収して跳ね返す、つまり「どのように干渉するか」で通信を行うということらしい。
通信速度は遅く、所詮1kbpsとのことだが、
電池無し、という圧倒的な強みだけで用途は間違いなく広がるだろう。