mixture-art@Q
技術+アイディア+世俗+なんとなく思ったこと、すべての融合がmixture-art
今さら観ました『告白』
Categories: オハナシ

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

ちょっと前の話なんだが
何か「観ようと思って観てないもの」を借りようと思い『告白』を借りた。

非常に印象に残る作品だったのでグダグダ書きたいと思う。

ハイスピードカメラ映像を利用したスローモーションの多用が目に付く。
印象的ではあるがともすればダレてしまいそうなこの手法を多用しまくって多用しまくりたおしているのはある意味面白い。
スポットライトを使ったあり得ない陰影、あたかもミュージックビデオのようにほとんどのシーンで映像とセリフが切り離されている。

そりゃ告白という朗読文のようなものなんだからさ。

と言えばそこまでなんだろうけど、私には余りにもリアルでシビア過ぎるテーマに突っ込んだが故の配慮のようにも感じる。

普通の生活シーンやたわいもない会話が一切はさまれずにひたすらにテーマの上を走り続ける映画は観るのも辛い。
多分原作読むのも辛いんじゃないかな。

サスペンスとして読めば、結末をひたすら楽しみにしながらワクワクドキドキで読むんだろうけど、残念ながら物語のスジはイントロの30分くらいが過ぎたところでほとんどの人にはだいたい見当がつくと思う。
あの母親もあの女の子も死亡フラグが立ちまくってた。
そのあとはその結末が残酷に描写され続ける。

ファンタジーなタッチ。どこか非現実な。人物だけを浮かび上がらせて、周囲や世の中をボカしたような、時代を映し出してるクセに時代を感じさせないような。
そんな浮遊感ってどっかにあったよなぁ、と思いながらも思い出せない。

とりあえず観たことない人でなんかひと味違う物が好きなひとはゼヒ。


Tags: