mixture-art@Q
技術+アイディア+世俗+なんとなく思ったこと、すべての融合がmixture-art
[ イクメンbebe記 ] ベビーがぐずった!ママはいない!どうする?のイロハ(4〜7ヶ月)
Categories: bebe記


イクメン(育メン)には極めてよくあるシチュエーションだ。

ママの時間の確保はイクメンのつとめ。

買い物に出ている間に何があろうと自分で対応する。それがイクメンの意地だ。


①まずは自分がテンションを上げる

一見バカバカしいが自分は無理矢理テンションを上げる。

「ママいないし、マジやべぇ」と思ってもそれを顔に出さず

「イャァッホ〜イ♪」とでもとりあえず言ってみる。

子供は親のことを見てるもの。案外キョトンとしてこっちに興味を持ってくるものだ。

さぁ、恥ずかしがらずにやってみよう!


②首が据わってたら高い高い

ベビーの好きな遊びをやってあげることが何より効果的だ。

首が十分に据わっていたらやはり高い高い飛行機ぶーんだろう。
あとは顔に息を吹きかけるふーふーなんかも楽しんでくれる。

ちょっと間でもテンションを上げることに成功すれば、
次の瞬間にはご機嫌になって自分で遊び始めたりするもの。


③外を散歩 or ベランダ、テラスに出る

遊び道具も絵本も何も通用しない。。。

お腹がすくにはまだ早いし、お茶も飲んでオムツも換えた。
それでもベビーはグジグジグジグジ。

これ以上何が。。。

と途方に暮れる。

そんな状況、よくあると思う。

これはうちの子だけかもしれないが、

そんな時はとにかくパティオ(テラス)に出る。

何でかさっぱりわからないのだが、とにかく大人しくなる。

外に出ると風にざわめく木の音とか、遠くを走る車の音とか、
色々な情報が入ってくるからなのかなぁ、、、

とにかく効果は絶大。ぜひ試してみて欲しい。