mixture-art@Q
技術+アイディア+世俗+なんとなく思ったこと、すべての融合がmixture-art
のりりんイイコト言うわ

ぼくらのなるたるで有名な鬼頭莫宏の自転車マンガ

『のりりん』

を読み始めた。

オタク知識満載で若干読みにくいのだが、ちょっと残ることを言うシーンがあった。
主人公に自転車を勧めるラーメン屋のおばちゃん(実はチューンナップの達人ぽい)が言うセリフ。

「30過ぎたら男は自転車よ」

最初は「ふーん、確かにハマるヤツ多いなぁ」くらいにしか思ってなかったんだけど、
そのあとナゼそう言ったかが説明されるとなるほど!と思ってしまった。

以下引用してみる。

世の30代男性はみな身に覚えがあるのではないだろうか?

————————————————-

やみくもにを見ることができた10代

自分能力拡大に力を注いだ20代

でも30代になると、
自分の能力の限界や夢の限界がおのずと見えてきちゃうのよね

背伸びをやめる年齢、自分の能力と向き合う年齢なのかしらね

そんな時に、自転車は自分の能力を再確認させてくれる

身の丈にあった楽しみをする年齢と言えるのかしらね

もちろんそれは現在の自分の能力の限界なわけで
時に残酷かもしれないけど

逆に希望も与えてくれる

自転車は自分が足を動かす限り前に進むからね


————————————————-

身体の衰え、足下を見直すタイミング、拾うべきものと捨て去るものの分別、

それは避けることはできない、自分に嘘はつけない。

でも、まだまだいけると思っている

それが30代というものだ。